コーディネーター日記
空の画像
HOME >親族優先提供について

親族優先提供について

「親族優先提供」とは、献眼する意思表示に併せて、移植を待っている親族に対して角膜(強膜)を優先的に提供する意思を表示できる制度です。
平成22年1月17日、改正臓器臓器移植法の一部施行により実施となりました。

「親族優先提供」を行うには、条件があります。

1:本人が献眼する意思と親族優先提供の意思の両方を意思表示している
2:親族(配偶者または親子)が移植希望登録をしている
3:医学的な条件を満たしている

おおまかにはこの3点が条件となりますが、細かな条件がありますので、以下にご説明させていただきます。
親族優先提供をご希望なさる方は、よくお読みになった上でご登録ください。

  1. 親族優先提供意思表示の方法
  2. 親族の範囲
  3. その他の留意点

1.親族優先提供意思表示の方法

親族優先提供の意思表示を行うにあたっての注意事項です。

  • 意思表示する本人が15歳以上
    親族優先提供だけでなく、提供の意思表示は民法上の遺言可能年齢にあたる15歳以上の方でないと有効とみなされません。
    但し、提供拒否の意思表示は、15歳未満の方でも有効となります。
  • 献眼登録の場合、登録申込みハガキやフォームの親族優先提供希望欄にチェック
    献眼登録をする方の場合は、登録申込みのハガキやフォームの親族優先提供希望欄に必ずチェックを入れてください。
    また、ハガキの場合は記入日も忘れずに記してください。
    登録が完了いたしましたら富山県アイバンクからアイバンクカードが送られてきますので、カードに「親族優先提供」の文字が記されていること・他の内容に誤りがないことをご確認いただいて、署名欄に自筆で署名してください。
  • 意思表示カードの場合、余白や特記欄に「親族優先」と記入
    臓器提供意思表示カードを用いて意思表示を行う場合、カードの余白や特記欄に「親族優先」と記入してください。また、記入日・署名欄は自筆でご記入してください。
  • 特定の親族の指定はできません
    親族の内で個人を指定したり、順位をつけたりすることはできません。このような記載があった場合は、 その方を含む親族全体への提供意思表示として扱われます。
  • 親族だけに提供することはできません
    親族だけに提供したいという意思表示はできません。このような記載があった場合は、献眼や臓器提供自体が行われません。

▲[このページのトップへ戻る]

2.親族の範囲

親族優先提供の制度における親族の範囲は、「配偶者または親子」です。
兄弟姉妹は親族優先提供の対象となりません。

  • 「配偶者」について
    婚姻届を出している、戸籍上の配偶者です。事実婚の方は含まれません。
  • 「親子」について
    戸籍上の「子」でなくてはならず、普通養子縁組(一般養子縁組)での養親子関係は対象になりません。
    但し、特別養子縁組をしている場合は対象となります。特別養子縁組とは、実親子関係を終了し、養親養子間で実親子関係に準じた関係を組む、家庭裁判所の審判を受けて成立する養子縁組のことです。

▲[このページのトップへ戻る]

3.その他の留意点

  • 自殺の場合は、親族優先提供ができません
    親族への提供を目的とした自殺を防ぐため、自殺をした場合は親族優先提供が行われません。
  • 親族優先提供を希望していても親族が移植対象とならない可能性もあります
    医学的な条件が合わない等、親族が移植対象とならない場合があります。その場合、親族以外の方に移植が行われます。
  • 戸籍謄本または抄本の提出
    親族優先提供が行われることになった場合は、親族間の確認をさせていただくため、戸籍謄本または戸籍抄本の提出をお願いしております。
▲[このページのトップへ戻る]