コーディネーター日記
空の画像
HOME >学会等の発表報告 >第66回富山眼科集談会 ミニ発表

第66回富山眼科集談会 ミニ発表

  • 開催日:2012年5月27日
  • 開催場所:富山国際会議場
演題  富山県アイバンク登録者の登録継続意識調査の報告
演者  原 由香利(富山県アイバンク)
 入江真理(富山県アイバンク)
 大黒幸雄(富山県アイバンク)
  1. 発表スライド
第66回富山眼科集談会プログラムの写真

発表スライド


【目的】
財団法人日本アイバンク協会の委託を請けて、献眼登録フォローアップ事業として行った。
【対象及び方法】
2011年8月10日時点の登録者16,189名の中、任意に抽出した3,900名が対象。 自記式質問紙による郵送法にて実施。


【結果】
[回答数の内訳]発送総数3,900名の内、回答15%、宛先不明で返送されてきたものが9%、無回答が76%たった。回答の内、有効回答数は99.5%だった。
[献眼登録意思の継続の有無]有効回答577名の内、登録の「継続あり」回答は33%、「継続なし」回答は67%だった。

[献眼登録を「継続なし」とした理由の内訳] 登録の「継続なし」回答者388名の内、意思の変化5%、以前にご逝去38%、県外や国外に転出したため富山県での登録を削除1%、家族の反対3%、病気・症状など身体的な理由9%、その他3%、 理由未記入41%だった。
[「継続なし」の身体的理由の内訳]身体的な理由を挙げた34名の回答、39例を示しました。C型肝炎8%、高齢38%、角膜以外の眼の疾患41%、全身の疾患13%だった。
挙げられた例の内、実際に適応禁忌となるのは、3例の記載があったC型肝炎のみである。

【結論】
献眼登録者の登録継続意識調査を行い、その回答者数の26%が既に逝去していた。
献眼登録の「継続なし」回答者中、身体的な理由の内92%が誤った認識での登録取消だった。
献眼登録者の提供意思を生かすためには、登録者本人はもちろん、その家族への継続的な正しい知識の啓発が必要であると思われた。また、アイバンクが登録制度を継続していくには、登録時の手続き方法ついても改善の必要があると思われた。

▲[このページのトップへ戻る]