コーディネーター日記
空の画像
HOME >学会等の発表報告 >第57回富山眼科集談会 一般講演

第57回富山眼科集談会 一般講演

  • 開催日:2007年11月25日
  • 開催場所:富山電気ビル
演題  (財)富山県アイバンクの15年の活動報告
演者  入江真理(富山県アイバンク)
 北川清隆(富山大学医学部眼科)
 林 篤志(富山大学医学部眼科)
 森田嘉樹(森田眼科医院)
  1. 発表スライド
第57回富山眼科集談会プログラムの写真

発表スライド


富山県アイバンクは平成四年に設立し、角膜疾患による視力障害者の多くの患者さまが移植手術を受けて視力を回復することができるよう事業活動を行ってきた。 今回、15年の活動をまとめたので報告する。
【対象および方法】
1992年から2006年までの15年間の当アイバンクにおける献眼登録者数、献眼者、摘出眼球、斡旋眼球、移植者を眼球摘出記録並びに移植記録をもとに調査した。

【結果】
[年度別献眼登録者] 新規の登録者は年間約600名で、設立以前の登録者を含めて2006年12月末の登録者数累計は18,862名となった。
[年度別献眼者数] 年間の献眼者数は平均14人で、献眼者数は2006年12月末現在で186人となった。

[献眼者の内訳] 献眼者186人のうち、アイバンク登録されていた方は125人・意思表示カードによる提供は6人・家族の忖度による提供は55人だった。アイバンク登録されていた方125人のうち、臓器提供意思表示カードを所持していた方は8人だった。
[献眼者の男女別と年齢別]男性が111人、女性が75名でした。年齢別では、最年少は3ヶ月から最高年齢は103歳で平均73.5歳だった。

[献眼者の死因] 悪性腫瘍が最も多く61名、ついで脳血管障害29名、心不全が22名とその他多くの死因が含まれていた。
[眼球摘出場所]病院での摘出が151件、自宅など病院以外の場所での摘出は35件だった。摘出には、県内6施設、県外2施設の医療機関にご協力いただいた。

[摘出眼球の内訳] 摘出眼球342眼のうち、移植に使用したものは291眼だった。 保存眼は4眼、移植に使用できなかった眼数は47眼だった。 移植に使用できなかった47眼のうち、感染症によるものは17眼、内皮細胞密度が2000セル/㎟ 以下かつ上皮混濁によるものが30眼だった。
[献眼者の角膜内皮細胞密度] 提供眼球数342眼のうち、内皮細胞密度測定が可能であった207眼を対象とした。 対象となった献眼者の年齢は15歳から103歳、平均72.2歳だった。内皮細胞数は、808セル/㎟から3804セル/㎟、平均2748セル/㎟だった。ピンク色は移植を行った角膜、青色は保存されている角膜、オレンジ色は移植に使用できなかった角膜。

[移植者の男女別・年齢別]男性156人、女性135人の合計291人だった。年齢は、3ヶ月から95歳まで範囲で、平均年齢61.4歳だった。
[移植者の疾患別]角膜混濁が最も多く104人だった。ついで水疱性角膜症73人、円錐角膜27人だった。

[角膜斡旋施設]県内においては、富山大学附属病院が最も多く154眼だった。大学以外の県内斡旋施設は36眼、県外医療機関への斡旋は100眼だった。
[県外斡旋内訳]地区別で示した。 北海道2眼、東北地区2眼、関東地区3眼、東海地区33眼、近畿地区23眼、山陰地区6眼、四国地区1眼、九州地区14眼でした。北陸地区への斡旋は、石川県11眼、福井県5眼だった。たくさんの移植施設にご協力いただいた。


【まとめ】
設立以来15年間の登録者数は累計で18,862人だった。献眼者は186人で、摘出眼数は342眼、291人に角膜移植術が施行された。
献眼者の死因は、悪性腫瘍が最も多く61人、ついで脳血管障害29人、心不全が22人だった。
眼球摘出場所は、病院などが151件、自宅などが35件だった。 献眼者の内皮細胞密度は、808セル/㎟から3804セル/㎟で、平均2748セル/㎟だった。
移植者の疾患は角膜混濁がもっとも多く104人で、ついで水疱性角膜症73人、円錐角膜が27人だった。
角膜斡旋施設については県内斡旋が191眼、県外斡旋が100眼だった。
県内斡旋で最も多かった医療施設は、富山大学附属病院で155眼だった。
県外斡旋は、北海道2眼、東北2眼、関東3眼、東海33眼、近畿23眼、山陰6眼、四国1眼、九州14眼で、北陸では石川県11眼、福井県5眼だった。
多くの移植施設のご協力をいただいた。

▲[このページのトップへ戻る]